So-net無料ブログ作成

サンクスギビング・ウィーク

アメリカでは11月の第四木曜日がThanksgiving(感謝祭)という祝日になっています。もともとはアメリカ移民が収穫を祝うために行う宗教的な意味合いの強い行事でしたが,現在は親戚や友人などが集まって七面鳥を食べるという家族的な行事になっています。

このサンクスギビングを含む一週間は,ロースクールもお休みになっています。かつてJ.D.プログラムで学んでいたとき(http://vanderbilt-law-japan.blog.so-net.ne.jp/archive/c35376071-1をご参照)は,直後に期末試験が控えていたので勉強一色でしたが,S.J.D.では試験もありませんので,この機会を利用して,車で四時間ほどのシカゴに二泊三日で行ってきました。

二年目のS.J.D.である中国人留学生のJ君の奥さんは,シカゴ大学の修士課程を卒業して,シカゴ近郊のブラッドリーという町でSocial Worker(社会福祉士)をしています。そのためJ君は普段からブラッドリーとアイオワシティを行き来しているのですが,今回私とS.J.D.同級生でウガンダ人留学生のD君を招待してくれたのです。

1126-2.jpg
水上タクシーでチャイナタウンからダウンタウンに移動しました。眺めは最高ですが,Windy Cityと呼ばれるだけあって,風が強くてとても寒い!

1126-4.jpg
1126-3.jpg
アイオワシティとは違って大都会です。

1126-1.jpg
シカゴスタイルのピザは分厚い!

また,Thanksgiving Dayの翌日の金曜日は,Black Fridayといって,アメリカ中のお店が大セールを行います。当日は早朝からお店がオープンするため,前日からモールの駐車場で寝起きして,開店前から行列に並ぶ人も多いようです。私の家の近くにも大きなモールがあるので,昼間に歩いて様子を見に行ってきましたが,駐車場は満杯で,モール内でもアイオワではありえないくらいの人であふれていたため,結局何も買わずに帰ってきました。

当日はテレビのコマーシャルもBlack Friday関連のものばかりですが,面白かったのはある車会社のものでした。セールからボロボロの姿で帰ってきた人が隣人に「前日から並んでしかも争奪戦だったけど,数百ドルも得しちゃったよ」と自慢して,「ところで君は何をしていたの」と問いかけます。隣人は涼しい顔をして,「ゆっくり寝ていたけど,今月はカーディーラーが一カ月ずっとBlack Fridayセールをやっているから,それで数千ドル得したよ」と答えるものです。また,たしかにBlack Fridayセールは安いのですが,路面店だけでなく,オンラインでも安く買えることが多いので,無理せず家でゆっくり過ごすのが正解かもしれません。

さて,秋学期は残すところあと2週間,研究も冬休み前の最後の追い込みです。